読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンサート行ってきた! 4

オルガンコンサート行ってきました!image2.JPG

まずは一回目の一曲目!

E.Elgar Pomp and circumstance No.1 op.39

2曲目! G.Bovet Meditation on Akatombo

3曲目! ディズニーメドレーなので動画無し。

4曲目! J.S.Bach Fuge in g-Moll BWV578


5曲目! J.S.Bach Taccata und Fuge in d-Moll BWV565

夏休み親子で楽しむってだけあってオルガンと言えばこれって曲たちですね。 でも、バッハの曲はどっちも好き♪ で、Taccata und Fuge in d-Mollの動画探してたら面白いのあったからこれも!

今度やってみようかしら? そして、トッカータとフーガ ニ短調は有名すぎるからなのかあんまりやる人いないですね~。 私が見に行ってる限りでは。ま、偽作説もあるくらいですしね。 って事で!ヴァイオリン用だったんじゃね。って声もあるらしいので。こちらも。

 確かに、そう言われるとこっちのが自然かな?とも思うけど。コレばっかりは、本人に聞かないとね~! 他のオルガン曲からしても結構異色ですしね。それでも聴き馴染んでいるので好きですけどね。

image1.JPG

ほいでもって、2回目。

1曲目! D.Buxtehude Toccata in d BuxWV155

2曲目! R.Giazotto Adagio in g-Moll

3曲目! J.S.Bach Italienisches Konzert BWV971

4,5曲目! J.S.Bach Inventionen Nr.1 D-Dur BWV772 Nr.4 d-Moll BWV775 (レーガー/シュトラウベ編曲)


6曲目! M.Reger Toccata und Fuge 12 Stücke op 59

 

ホント今回はわかりやすいセットリスト良かったです!

ブクステフーデ、バッハ、レーガーとドイツ三昧!

やっぱりオルガン聴くならバロックだよね。

レーガーはロマン派だろうけど。でも、無類のバッハヲタクですしね。

ブクステフーデに関しては、バッハ憧れの人ですもんね。この人の演奏聴くために400kmも歩いたと言う逸話がありますからね。しかも、無断で休暇を伸ばして怒られると言う(笑)

今みたいに録音できるわけじゃないから、全身全霊傾けて聴いていたんでしょうね。ん~って事はやっぱり、どうしても現在音楽がインスタント化するのはしょうがないのかな?だっていつでも聴けるって思うからね。

別にそれが悪いとも思わないですけど。私もBGMとして色々流してますし。 ただ、それだけに天才もまた現れづらい世の中になってるのかな?でも、またこれもね。ネットで世界中が繋がってるおかげで全体の底上げがされてるからってのもあると思いますし。

っとまた、話が逸れた。

戻して、バッハのイタリア協奏曲!オルガン版ってあったんだ。コレはこれで楽しいですね。バッハの曲にしては珍しく当時から人気だったそうで。確かに明るくて楽しそうで。人気があったのも頷けますね。

バッハのインヴェンション。レーガー/シュトラウベ編曲のがあるのも始めて知った!けど、インヴェンションとシンフォニアって私の中ではアレで完成されてる世界なので。ちょっと蛇足感があったりして。

いや~ほんと素晴らしいよね。インヴェンションとシンフォニア。大好きです。 この間聞いたジャニーヌ・ヤンセンのヴァイオリンとヴィオラの(三声はチェロ)のインヴェンションとシンフォニアが最近はお気に入り。ま、ヴァルヒャのは私の中で殿堂入りしてますがね。

 

バッハ:インヴェンションとパルティータ

バッハ:インヴェンションとパルティータ

  • アーティスト: ヤンセン(ジャニーヌ),バッハ,リザノフ(マキシム),テデーン(トルレーヴ)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD
  • クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 そして、最後にレーガーね。この人も前にも書いたけど。ホント曲がいちいち大袈裟で好き! 今年は没後100年だから色々なところで聴けるから楽しいです。にしても、ほんと弾くの大変そうです。 足なんて全開で弾いてましたもん。 今日はオルガン漬けで楽しく心地いい一日でした。